すてきな旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 専門学校時代の思い出

<<   作成日時 : 2018/03/13 10:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


就職意識。

中学時代、職業適性で、「技術者」が、向いている、と出ていた。

資格をとること。大前提だった。

1年浪人して、文科系の補欠合格した。

しかし、資格はとれない。

専門学校の資料を集め、無試験で、はいる。

それからが、大変だった。

片っ端から、本を読み、自分の勉強と、併用した。

夏休み。旅に出た。

帰ってみると、留年決定だった。

担任は、電気工学が専門だった。

2年目の1年生。学校の勉強に専念した。

2年次、資格をとった。自動車普通運転免許証。

就職活動。

担任から、「これとこれ」を選べ。

「これ」にした。

常識試験と面接。

「あなたの得点は、どれくらいですか?」

「8割くらいです」

「自信が、あるようですね。7割です」

「他に試験を受けましたか?」

「受けていません。」

「よろしい。」

しばらくして。

「ここに来るとき、どれくらいかかりましたか?」

「はい」

面接試験は、終わった。

しばらくして、

「自己啓発」の本。

読書して、感想を送る。

しばらくして。

「3月から、すぐきてくれないか?」

「はい」

就職決定だった。

残りの時間を読書ですごす。

卒業。

勉強に集中する。

そんな、専門学校時代だった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
専門学校時代の思い出 すてきな旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる